婚約指輪を渡すタイミング

婚約指輪はプロポーズの時に渡す?それともプロポーズ後?

よくテレビドラマや映画等で、婚約指輪を渡しながら「結婚してください」とプロポーズするシーンが見られます。とても感動的でドラマチックな雰囲気を感じられますよね。予期せぬ所での指輪のプレゼントは最高のサプライズとなり、一生の思い出になります。
しかしその指輪が彼女の好みやサイズが若干合わなかったなど、せっかくのサプライズが少しモヤっと感じて終わってしまうこともあるかもしれません。そう考えると、多少サプライズ感が欠けるかもしれませんが、プロポーズ後「一緒に婚約指輪を選びに行こうね」と一言付け加えるだけで、例え指輪が用意されていなくても相手をガッカリさせることはないでしょう。
サプライズ感を選ぶか、彼女の好みを尊重するか、とても悩みどころですね。

渡すタイミングより、やっぱり気持ちが一番!

今婚約指輪を渡すタイミングで悩まれているあなたは、とても彼女のことを想い愛されているのだと思います。彼女の喜ぶ顔が見たい一心で、プロポーズのシチュエーションや言葉なども考えられていることでしょう。何よりもその気持ちが一番大切なのです。昨今では婚約指輪を渡さない方も増えていますし、プロポーズでさえおざなりにしてしまう方もいます。その中で一生懸命考えてくれているあなたの気持ちは、どんな形であれ必ず彼女に届きます。婚約指輪を渡すタイミングも大切ではありますが、そこにこだわり過ぎず、あなたの気持ちを真っ直ぐに彼女に伝えてあげてください。指輪を渡すタイミングが前後したとしても、きっと彼女は喜び感動してくれるはずです。
一生に一度のプロポーズ。彼女のためにたくさん悩んで考えてあげてください!あなたにとっても素晴らしい思い出になることでしょう。

© Copyright Rings Ideas. All Rights Reserved.